フラワーギフト店 Avail(アヴェール)の商品一覧。開店祝いなどお花のプレゼントはおまかせ。

2017年11月アーカイブ

開店祝いに胡蝶蘭が喜ばれる理由

| トラックバック(0)

kochoran.jpg

開店祝いとしてお花が飾られているシーンを目にしたことはありませんか?また、あなたはどんな花が開店祝いとして飾られているのか意識したことはありますか?調べてみると、開店祝いの花には胡蝶蘭が用いられることが多いようです。では、どうして開店祝いの際には胡蝶蘭が贈られるのでしょうか。今回は開店祝いに胡蝶蘭が喜ばれる理由をまとめてみました。

胡蝶蘭は縁起のいい花

大切な人に花をプレゼントした経験があるという方は、その花が持つ花言葉をかなり意識したのではないでしょうか。悪い意味の花言葉を持つ花をプレゼントしてしまい、関係が悪化してしまったなんて話も耳にすることがあります。そのため、花を開店祝いとして贈る場合はその花が持つ花言葉をよく調べなければいけません。その点、胡蝶蘭が持つ花言葉は「幸福を運んでくる」と、これからお店を営んでいく方にとって大変気の利いたワードとなっているので、開店祝いには最適なのです。

見た目の印象が強い

開店祝いの花を選ぶ基準に、みなさんはどのような要素を挙げるでしょうか?もちろん、インパクトの大きい華やかな花を選びたいと思うでしょう。それならぜひ胡蝶蘭を選ぶのがおすすめです。胡蝶蘭は調べていただけるとわかると思うのですが、花びらが名前の通り蝶の羽のようで、美しいビジュアルを誇ります。シンプルな空間でも、胡蝶蘭の鉢植えがあると一気に華やかな空間に生まれ変わるでしょう。

香りが弱く、花粉の量も少ない

お店に開店祝いとして花を贈るときに注意したいのは、できるだけ香りが弱く、なおかつ花粉の量が少ない花を選ぶことが大切です。基本的に贈り物として選ばれる花は、どれも芳しい香りを持ちますが、その香りも全ての人にとっていい香りと受け取って貰える訳ではありません。また、花粉が多い花の場合、持ち運びの際に花粉が落ちて汚れてしまうほか、花粉アレルギーのある方にとって、アレルギーの原因となってしまうおそれもあります。胡蝶蘭は香りが他の花と比べると優しく、花粉の量も多くありません。開店祝いとして胡蝶蘭を贈ることは、相手のことをしっかりと気遣ったスマートな選択と言えるでしょう。

今回は開店祝いとして胡蝶蘭が喜ばれる理由についてご紹介させていただきましたが、参考になりましたか?開店祝いに花を贈りたいけれど、なかなかどの花にするか決められないという方は、ぜひ胡蝶蘭を贈ってあげましょう。先方にもきっと喜んでいただけますよ。

知人がお店を新しく開くことになり、開店祝いを贈ろうと考えているあなた。
そんなときはぜひスタンド花を贈ってみてはいかがでしょうか?

今回はスタンド花を贈るメリット、スタンド花を贈る際の注意点などをご紹介します。
開店祝いに何を贈ればいいのか迷っているのであれば、ぜひ参考にしてください。

スタンド花はなんと言っても目立つ

スタンド花のメリットと言えば、やはりそのインパクトにあるのではないでしょうか。
オープンしたお店の前にスタンド花が何も無いのと、スタンド花で賑やかに彩られているのでは、
与える印象に天地の差があります。

せっかく新規開店したのにも関わらず、
外観から与えるインパクトが小さければお客さんは素通りしてしまいます。
スタンド花は、お客さんへ「オープンしました!」とアピールする目的では最高の宣伝広告となるのです。
開店祝いの内容をなかなか決められないのであれば、
まずスタンド花を贈ることを検討してみてはいかがでしょうか。

スタンド花は後片付けがとにかく楽

道行く人々に絶大なインパクトを与え、誘客効果も見込むことができるスタンド花は、
まだまだお客さんの少ないお店にとっては心強い味方になることでしょう。

しかし、スタンド花はいつまでも飾っておくことはできません。
スタンド花に使われている花が生花の場合は時間の経過とともに花が萎れ始め、
最終的には撤去しなければいけません。

この撤去に手間を取りそうで、贈った側の負担になってしまいそうと考えるのは自然なことです。
でもその心配は必要ありません。スタンド花を販売している業者によっては、
無料でスタンド花を設置、回収まで行ってくれます。
オープン前後は特に忙しい時期なので、受けとる側に負担がかかってしまうと躊躇しているのであれば、
スタンドを無料で設置、回収を行ってくれる業者を探してみましょう。
アヴェールでもスタンド花を無料で設置、回収を行っています。

スタンド花を贈るときに注意したいこと

スタンド花はインパクトがある一方で、かなり場所を取ります。
開店祝いにスタンド花を贈ったとしても、飾る場所がなく、
結局邪魔になってしまったという悲しい結果で終わることも考えられます。
そんな事態にならないように、スタンド花を贈るときはお店側にあらかじめ連絡し、
贈っても問題ないか確認することをおすすめします。

一般的にサプライズプレゼントというのは受ける側にとって予想外で嬉しいものですが、
サプライズでスタンド花を貰うとなると、その大きさに圧倒されてしまいます。

今回はスタンド花を開店祝いに贈るメリットと、注意したいポイントについてご紹介しました。
船出の記念にインパクトのあるスタンド花を贈れば喜んでもらえること間違いありません。

開店祝いとして花を贈ることにしたあなた。
でも、それだけだとなんだかそっけない感じがしませんか?
そんなときはお祝いの気持ちをメッセージで表現してみてはいかがでしょうか。
今回は開店祝い、開業祝いのメッセージでのポイントをご紹介します。
参考にしていただけると幸いです。

開店祝い・開業祝いの忌み言葉

忌み言葉とは、縁起悪い言葉のことを指し、使うことは控えなければいけません。
例えば、結婚式のスピーチでは「割れる」、「分かれる」などが忌み言葉にあたります。
これは新郎新婦の離別をイメージさせるからです。
では、開店祝い、開業祝いではどのようなワードが忌み言葉に該当するのでしょうか?
具体的に列挙すると、赤字や火事を連想させる「火」、「焼ける」、「燃える」などのワードや、
事業の失敗・倒産を連想させる「倒れる」、「飛ぶ」、「枯れる」、「潰れる」などです。

推敲はダブルチェックを行うこと

せっかくのお祝いの気持ちを込めたメッセージなのに、
忌み言葉が1つでも含まれていたら全てが台無しになってしまいます。
そのような事態は絶対に避けなければいけないのですが、
いくら注意していてもミスを犯してしまうことは誰にでもあります。
そこでおすすめするのがダブルチェック。
2人体制でチェックを行えば、ミスをする可能性を下げることができます。

メッセージの長さはどうすればいい?

お祝いの気持ちを最大限に表現しようとして、
長々としたメッセージを贈ろうとしてしまう人もいますが、それは一般的ではありません。
そもそも、花に添えるメッセージカードに書く文章なので、長すぎるとカードに収まりきらないでしょう。
メッセージはわかりやすく、簡潔に書くことを心がけてください。

実際の文例をチェックしてみよう

「ご開店おめでとうございます。(お祝いの言葉)
今日の日を迎えられたのは、皆様の日々のたゆまぬ努力によるものと推察いたします。(相手を持ち上げる)
貴社の末永い発展を心からお祈り申し上げます。(締めの言葉)」

短すぎて驚いている方もいらっしゃるかもしれませんが、
メッセージカードに収まるならこの程度の長さが適当でしょう。
お祝いの言葉、相手を持ち上げるフレーズ、
締めの言葉の三要素が含まれていれば問題ありません。

今回は開店祝い、開業祝いのメッセージで気をつけたいポイントと、実際の文例をご紹介しました。
メッセージは長々とさせず、要点をしっかりと捉えたものにすると、受け取る相手にスマートな印象を与えることができますよ。

このページのTOPへ