フラワーギフト店 Avail(アヴェール)の商品一覧。開店祝いなどお花のプレゼントはおまかせ。

開店祝い・開業祝いのメッセージ・文例について

| トラックバック(0)

開店祝いとして花を贈ることにしたあなた。
でも、それだけだとなんだかそっけない感じがしませんか?
そんなときはお祝いの気持ちをメッセージで表現してみてはいかがでしょうか。
今回は開店祝い、開業祝いのメッセージでのポイントをご紹介します。
参考にしていただけると幸いです。

開店祝い・開業祝いの忌み言葉

忌み言葉とは、縁起悪い言葉のことを指し、使うことは控えなければいけません。
例えば、結婚式のスピーチでは「割れる」、「分かれる」などが忌み言葉にあたります。
これは新郎新婦の離別をイメージさせるからです。
では、開店祝い、開業祝いではどのようなワードが忌み言葉に該当するのでしょうか?
具体的に列挙すると、赤字や火事を連想させる「火」、「焼ける」、「燃える」などのワードや、
事業の失敗・倒産を連想させる「倒れる」、「飛ぶ」、「枯れる」、「潰れる」などです。

推敲はダブルチェックを行うこと

せっかくのお祝いの気持ちを込めたメッセージなのに、
忌み言葉が1つでも含まれていたら全てが台無しになってしまいます。
そのような事態は絶対に避けなければいけないのですが、
いくら注意していてもミスを犯してしまうことは誰にでもあります。
そこでおすすめするのがダブルチェック。
2人体制でチェックを行えば、ミスをする可能性を下げることができます。

メッセージの長さはどうすればいい?

お祝いの気持ちを最大限に表現しようとして、
長々としたメッセージを贈ろうとしてしまう人もいますが、それは一般的ではありません。
そもそも、花に添えるメッセージカードに書く文章なので、長すぎるとカードに収まりきらないでしょう。
メッセージはわかりやすく、簡潔に書くことを心がけてください。

実際の文例をチェックしてみよう

「ご開店おめでとうございます。(お祝いの言葉)
今日の日を迎えられたのは、皆様の日々のたゆまぬ努力によるものと推察いたします。(相手を持ち上げる)
貴社の末永い発展を心からお祈り申し上げます。(締めの言葉)」

短すぎて驚いている方もいらっしゃるかもしれませんが、
メッセージカードに収まるならこの程度の長さが適当でしょう。
お祝いの言葉、相手を持ち上げるフレーズ、
締めの言葉の三要素が含まれていれば問題ありません。

今回は開店祝い、開業祝いのメッセージで気をつけたいポイントと、実際の文例をご紹介しました。
メッセージは長々とさせず、要点をしっかりと捉えたものにすると、受け取る相手にスマートな印象を与えることができますよ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.flower-avail.com/bcms/mt-tb.cgi/659

このページのTOPへ