フラワーギフト店 Avail(アヴェール)の商品一覧。開店祝いなどお花のプレゼントはおまかせ。

2017年12月アーカイブ

開店祝いの心得(飲食店編)(相場・送る時期・おすすめのお花など)

飲食店に開店祝いを贈ることになったものの、初めての経験なので何をどうしたらいいかさっぱり分からない…。
今回はそんな方のために、飲食店に開店祝いを贈るときのポイントやマナーについてご紹介します。
開店祝いにお花を贈りたいと考えているなら、ぜひ参考にしてください。

開店祝いの相場ってどのくらい?

開店祝いとして金品を贈る際に、どの程度が相場なのか、開店祝いを贈るのが初めての人は分からないでしょう。
この場合、贈る側と受け取る側がどの程度の関係にあるかで決めるといいでしょう。
友人の場合は約1万円、親族などの身内なら約3万円、企業間でのやり取りであれば約3万円が一般的な相場です。
いつも良くしてもらっている人ならついつい高めのものを贈ってしまうこともあるでしょうが、
相場以上のものを贈ってしまうと相手に気を使わせてしまうことになるので注意しましょう。

開店祝いはどのタイミングで贈ればいい?

今回は開店祝いとして花を贈ると仮定しましょう。
開店祝いの到着は、遅くても前日までには花を到着させるように業者と調整するべきです。
飲食店の場合は、オープン当日は多くのお客さんで混雑する可能性が高いので、
そんな中お祝いの花が到着したといっても、忙しくて対応する暇がありません。
せっかくお祝いの気持ちを込めたにも関わらず、かえって邪魔になってしまう可能性も否めません。

開店祝いの花はどんなものがいい?

開店祝いに花を贈るときに、つい自分の好きな花を選んでしまいがちですが、
誕生日プレゼントを贈るのと同様に、相手の立場に立って、相手に喜んでもらえるような花を選ばなければいけません。
具体的な条件を挙げると、「長持ちする」、「匂いが弱い」、「花粉が飛ばない」、「縁起がいい」など。
飲食店に飾るのですから、匂いが強いほか、花粉を多く飛ばすようなものは適しません。
また、すぐに萎んでしまうような花は忙しい時期に撤去・処分する必要が生じてしまうので、これも不向きでしょう。
これらの条件を満たし、なおかつ縁起がいい花が胡蝶蘭です。
胡蝶蘭は長持ちし、匂いも弱く、花粉も少ないので、開店祝いの定番として花屋では扱われています。
また、胡蝶蘭は「幸運を運ぶ」という花言葉があり、開店祝いにぴったりです。

今回は飲食店に開店祝いを贈りたいという方のために、簡単に「開店祝いの心得」についてお話させていただきました。
相手に喜んでもらうためには、相手の立場に立って物事を考えることが大切ですね。

blog_kaiteniwai1204.jpg

知人がショップを開くことになり、開店祝いを贈ろうと考えているけれど、
具体的にどのようなものを選べばいいか分からない。
そんなときはぜひ花を贈るのはいかがでしょうか。

今回はショップの開店祝いとして花を贈る際に押さえておきたいポイントをいくつかご紹介します。

開店祝いの相場を知りたい!

開店祝いに花を贈るときに気になるのは、
どのぐらいの値段の花を買えばいいのかという点ではないでしょうか。

相場からあまりかけ離れすぎていると、失礼にあたったり、
相手に気を使わせたりすることになってしまうので、
相場に沿ったお値段の花を用意することが大切なのです。

具体的な金額は、知人の場合は1万円程度、親類などの身内には3万円程度の花を選ぶと良いでしょう。

花はどんな形で贈るのがいい?

開店祝いに花を贈る場合は、スタンド花、植木鉢、
アレンジメントなどを贈ることになりますが、どれがベストな選択なのかはそのお店にもよります。

というのは、道路に面している面積が少なかったりすればスタンド花を贈るのは不適切であったり、
店内の面積が狭いのであれば、場所を取る植木鉢のようなものは置き場に困ってしまうのです。

逆に言えば、店舗前に十分なスペースがあればスタンド花、店舗前にはスペースが無く、
店内にスペースがある場合は植木鉢、
どちらの条件も満たさないのであればアレンジメントを選ぶといいでしょう。

逆に、どの場所にもスペースが十分あるのであれば、スタンド花を選ぶのがおすすめです。

スタンド花は単純に見た目のインパクトがあり、通行人への宣伝効果が高く、
また、スタンド花を販売する業者によっては、スタンド花の設置・回収を無料で行ってくれるところがあり、
受け取る側のメリットが大きいからです。アヴェールでも行ってますよ。

花はどのタイミングで贈るのが適切?

贈る花を決めたら、次はいつ花を届けるのか業者と打ち合わせをしなければいけません。

これはお店の業態に関係なく、「遅くともオープンの前日」には届けるようにしましょう。

オープン当日はとにかく忙しく、お祝いの花が届いたとしてもそちらに対応する時間を取れるとは限りません。

相手に負担をかけたくないのであれば、当日に花を届けるように手配するのは控えましょう。

今回はショップを開店させる知人にお祝いの花を贈りたいという方に、
相場や花の送り方、ベストなタイミングについてご紹介しました。

相手を思いやる気持ちを形にすれば、きっと花を贈られた方は喜んでくれるはずですよ。

このページのTOPへ