フラワーギフト店 Avail(アヴェール)の商品一覧。開店祝いなどお花のプレゼントはおまかせ。

2018年1月アーカイブ

standbana.jpg

いつもお世話になっている取引先が新規にお店をオープンし、花を贈ることになったあなた。
そのような経験は初めてなので、一体何をどうしたらいいかわかりません。
今回はそんなあなたのために、法人に開店祝いを贈るときのアドバイスをさせていただきます。

そもそも法人相手だと何を贈ればいいの?

法人相手に開店祝いを贈る場合、まず頭を悩ませるのが「何を開店祝いとして贈るか」という点です。
知人や親族であればそこまで悩まなくても済みますが、取引先が相手となると慎重にならざるを得ません。

そこでおすすめしたいのが、スタンド花です。

スタンド花はインパクトがあるため、オープンするお店の前を通る人々にも宣伝効果がありますし、
取引先の方にも大きな印象を与えることができます。
また、最近ではスタンド花を無料で設置、回収してくれるサービスを提供している業者があるため、
取引先の方の手をわずらわせることが無いのも魅力的なポイントでしょう。

法人相手だとどのくらいが相場なの?

法人相手の開店祝いは3万円から5万円程度と言われています。
この範囲内からはみ出ることが無ければ基本的に問題はありません。
少なすぎればもちろん失礼にあたりますし、かといって、多すぎると取引先の方にいらぬ
プレッシャーを与えてしまうことになります。

そもそも、使える予算は限られていると思うので、そこまで大きな金額になるとは思えませんが、
念のため気に留めておきましょう。

花はどのタイミングで贈ればいいの?

これは相手に関係なく、「オープンの前日まで」には花が必ず届くように調整しましょう。
オープン当日の関係者は多忙を極め、お祝いの花に割く時間はありません。
そんなときにお祝いの花を贈ってしまったら、非常識だと思われてしまっても仕方ありません。
逆の立場で考えてみれば分かります。自社の店舗がオープン直後でてんてこ舞いなのに、
そこにやってくるお祝いのスタンド花…。「タイミング最悪!」きっとそう思うのではないでしょうか?

どんな花を贈るのがベスト?

最後に花の選び方ですが、基本は長持ちするもの、そして匂いが弱く、花粉が少ないものをチョイスするのが無難です。
花屋さんのページをチェックすると、胡蝶蘭に人気が集まっていることが分かります。
胡蝶蘭は見た目の華やかさに加え、長持ちし、匂いと花粉の量が控えめなので、祝い花にぴったりなのです。

今回は法人を相手に開店祝いを贈るときに注意したいポイントや、相場などについてお話させていただきました。
ベストな選択をすることができれば、社内での評価もアップするかもしれません。気合を入れて頑張りましょう!

このページのTOPへ